ローカル線 | 快走とりっぷ

タグ 『ローカル線』の現在の運行状況

いすみ鉄道春の撮影地、おすすめ桜スポットはココ!

桜並木を走行するいすみ鉄道の車両

東京から約1時間程で自然を楽しめる房総はレジャーにも人気のある地域だ。特に春はいすみ鉄道を満喫するには最高の時期だろう。
千葉の春のローカル線代表、いすみ鉄道。桜や菜の花がとろこ狭しと咲く沿線には休日となると遠方からの撮影者も沢山訪れ、思い思いのショットを楽しむ様子が見られる。
撮影だけに限らず、路線乗りつぶし、途中下車のふらり旅など自然を満喫したプランもはずせない。
今回は多数ある撮影地の中から初心者でもそうでなくても楽しく撮影が出来る撮影スポットをひとつ紹介したいと思う。

小湊鐵道 秋を感じる撮影地を撮り廻りしてみよう

上総大久保駅の大きな銀杏と列車

都心から約1時間弱で行ける里山の鉄道会社、小湊鐵道は四季折々の美しい景観をカメラや目に収めたい撮り鉄人気はもちろん、観光スポットとしても人気だ。
今回は有名な銀杏の撮影出来る撮影スポット「上総大久保駅」里山トロッコの停車駅である「里見駅」周辺。そして、万が一銀杏のショットを撮れなかった場合の回避策について、実際に撮影した写真を交えた体験をまとめた。
今回の記事を参考に自分だけのお気に入りのスポットを見つけてみては如何だろう?

いすみ鉄道の撮影を楽しむマナー講座は初心者こそ参加すべき!

国吉駅に停車するくまがわヘッドマーク付きのキハ28

千葉の3セク鉄道会社、いすみ鉄道のロケハン、撮影マナーを楽しく学べるイベント、いすみ鉄道撮影スポット ロケハン&マナー講座へ参加してきた。このイベントは昨今何かと問題になっている鉄道写真を趣味とする、いわゆる「撮り鉄」のマナー向上と、有名撮影地へ出向き楽しく鉄道写真を撮るイベントだ。
参加費以上にお得に楽しめるこのイベント。特にオススメしたいのが、鉄道写真を始めたばかりの初心者。暗黙のルールが多過ぎる撮り鉄の基本的なマナーをお得に楽しく学べるチャンスは絶対に利用して欲しい。
今回は実際に参加した管理人の体験をまとめようと思う。

いすみ鉄道沿線 オススメ撮影スポット彼岸花が咲く撮影地

西大原から終点へ出発するいすみ鉄道の気動車

いすみ鉄道といえば、鉄道ファンのみならず観光客も楽しめる菜の花、桜と春のイメージが強い三セク鉄道会社だ。有名撮影地が多数存在し、3月中旬から4月はカメラを下げた鉄道ファンを様々な場所で見かける。
春の代名詞的なローカル線、いすみ鉄道は紫陽花の咲く6月、そして今回紹介する彼岸花が咲く9月~10月上旬も撮影が楽しめる季節だ。
早速いすみ鉄道沿線で、初心者でも気軽に鉄道撮影を楽しめるオススメの場所を紹介しようと思う。

銚子電鉄の危機を救え!犬吠駅にある夏の観光スポット

銚子電鉄 犬吠駅の車両と大きなひまわり

本当にヤバイ!経営がまずい!!!と、自虐ながらもリアルにチラつく銚子電鉄の廃線の危機。売れるものは何でも売り、お菓子やお土産が屋台骨…半分食品会社のような
鉄道会社、銚子電鉄の危機を救うべく、観光スポット犬吠埼の最寄り駅、犬吠駅のオススメをまとめた。

オススメの書溜め


TOP