青春18きっぷだけで行けた!初心者でも1日で東京から大津/京都へ行くのは可能!!! | 快走とりっぷ

青春18きっぷだけで行けた!初心者でも1日で東京から大津/京都へ行くのは可能!!!

確認作業する車掌

もくじ

新幹線のぞみ号で約2時間のルートを、ゆっくり時間を使い1日目の目的地大津駅へ。
大津駅は滋賀県の駅で、東京から18きっぷのみで1日で到着が可能。しかも、思ったより早い時間に到着できたのは驚いた!

初日の大津へのルート、そして、翌日の大津で京津線の撮影、京都散策を楽しんだ体験を中心に、18きっぷ旅初心者でも挑戦できるよう、ポイントやオススメをまとめた。
チョット不便な旅未体験な乗鉄デビュー陣は,是非自身で体験してもらいたい!
到着したときの感動はとても大きく、またその感動を体験したくなるだろう…それが青春18きっぷの不思議な力だと思っている。

と、カッコイイこと書いているが簡単にまとめると

「変態の所業」

管理人は見事に18きっぷの罠にハマり、楽しみを見出した変態である。(車掌に行先聞かれて、行程答えて目を丸くされる事n回)

スポンサーリンク

18きっぷのみで1日で東京-大津に行ってやった

東京-大津間の路線図

東京駅から大津駅まで18きっぷをのみで移動

今回は「京都で梅の花を見る」という、非常に日本人的な目的のため、18きっぷを利用したチョット不便な旅を計画。

…なぜ、手前の大津が目的地なのか?
疑問に思った方もいるだろう…そして、一部はお察し頂けたのではないか?

大津には、京阪 京津線という路面を走る路線が存在している。

コレを見たい!撮りたい!絶対にハズしたくない!!!!

これは、ただの路面電車じゃない。迫力満点のサイズ感で路面を走行する!京阪名物列車。
実際に目にしたい気持ちが抑えられない管理人は、梅も列車も見るために大津、一択のみ。

深夜と早朝の間に起床

この日のゴール大津駅へ7:30頃に到着したい管理人は、予定通り到着するために、東京から6:00~6:30頃まで移動を開始しないと厳しい。そのため、当日の起床時間は、日の出前。
梅の季節だけに、朝日のない時間帯の寒さは非常に堪える。寒さが苦手な管理人はふとんに戻りたい欲求に打ち勝ち、改札を抜け、最寄り駅の始発から2本目の列車で無事東京駅へ到着。
始発から2本目の列車は暖を取る事を許してくれず、車内が温まる頃にドアが開く…駅に停車する度にありがたくないドア開閉。閑散時間帯は半自動にして欲しい。都会ぶる所じゃないだろう?と、寒くなる度に思う。

東京から東海道本線に沿って移動開始

東京からは熱海までひたすら乗車。

風景が、都会的な雰囲気から自然豊かな山や海に変わっていき、海をバックに鉄道写真を取れる根府川駅を通過し、真鶴、湯河原と進み、そしてJR東日本とJR東海の境界駅、熱海に到着。

ココからは右も左も同じ列車ばかりで有名なJR東海エリア名物、静岡越えの始まりだ。

熱海駅は境界駅の為、必ず少し時間が空く。その時間を上手に使って休憩やトイレに行くと効率が良い。
管理人も、勿論、休憩や買い物の時間に充て静岡越えの準備をした。

熱海駅の改札を出ると足湯を無料で楽しめる「家康の湯」があるので、時間帯によっては足湯に浸かるのも良い。お湯加減も申し分無く、温泉を楽しめて良い。タオルの用意を忘れずに(自販機でオリジナルタオル販売有)

家康の湯
熱海駅目の前の無料で楽しめる天然温泉の足湯。熱海市が管理運営している。
〒413-0005 静岡県熱海市春日町2-8
【営業時間】9:00-16:00
【定休日】メンテナンス等で休止する場合有
熱海市公式サイト

熱海から更に進み、興津駅に10:10頃、浜松には12時前に到着。そのまま休憩を60分程取る。
静岡越えはダイヤの乱れなど当たらず、愛知県へ突入。豊橋で小休憩を挟んだ後、豊橋-米原まで、ひたすら乗車。
終点が名古屋じゃない列車に一瞬とまどい、危うく降りてしまうところだった。

米原に到着したのは16:00過ぎ。まだまだ太陽は出ていた。最後の休憩を約20分取ったあと、目的地の大津へ。
米原まで付き合ったJR東海から、JR西日本の車両に交代!
大津にはその日の17:30に到着。流石に日が沈み寒くなってきたが、その日のうちに目的地へ到着出来た。

東京から滋賀県まで、普通列車のみで移動は休憩をマメに入れれば、個人的に大変さや、苦痛と感じなかった。感じる時点で、こんな移動方法を選択しないのが普通…変態の所業だけに…。
普段はゆっくり見れない富士山や浜名湖を、のんびり通過する列車にゆられて眺めたり、途中駅でご当地グルメを入手出来たり…JR全線利用可能な18きっぷでしか味わえない、充実した旅だった。

連結作業

大津駅では恒例の連結作業を見てから改札へ

大津・京都を散策

京津線

でかい列車が路面走るのは迫力がある!!!
京津線車両は路面電車としては非常に大きい車体で走行している

翌日は楽しみにしていた京津線を走行する路面電車を撮影。
泊まったホテルが京阪 浜大津駅から近く、翌日は京阪を使って隣の京都へ移動。

浜大津ホーム

京阪で京都方面へ移動

浜大津から京都へ向かい、北野天満宮で梅見物、嵐電で京都散策と京都を満喫する、乗鉄クラスターが泣いて喜ぶ一日を計画した。

大津で京津線を走る路面電車に驚く

泊まったホテルが京津線沿いで、見事なトレインビューホテルだったのは感激!
ちょっと残念なのが、宿泊する部屋からは見えなかった所。
朝食は、デカイ車体で路面を走る様子にテンションが上がる朝食タイムとなった…興味の無い方はただの風景だが、朝から列車を見ながらの食事は気分も盛り上がる。

それにしても、通過する列車のデカイ事、デカイ事…こんなサイズ感の路面電車は見たことが無い! それもそのはず。

特例

だ、そうだ。
今度は乗車しようと心に誓う。

嵐電1日フリーきっぷで京都散策

嵐電

小さなボディでも頑張ってる感が良い

京都散策は嵐電での移動兼乗鉄と北野天満宮での梅見物。
列車を複数回利用するなら、フリーきっぷの購入は必須。嵐電課金を何の抵抗もなく実行。フリーきっぷは大切に取っておこう…とルンルンで切符を待っていたが、出てきた切符に結構ショックを受ける。

昔は紙製だった切符が、当日購入だと味気のない磁気券に変わっていた…

駅員さん曰く「予約してくれたら磁気タイプじゃない切符を販売しますよ」と、切符を見せてくれた。
旅の思い出に切符を取っておく管理人は、次回利用は予約、絶対!

乗り放題切符

上の切符を貰えると思ったら下の感じになっててショック!!!

嵐電の撮影も抜かり無く実行し、北野天満宮で梅見物。梅目当ての観光客で賑わう北野天満宮では晴天に恵まれ、いい写真が撮れた。

嵐電

江ノ電ラッピングの嵐電車両

梅

北野天満宮へ行った際に撮影した梅。

スポンサーリンク

18きっぷだけで東京-大津は意外と楽に行けた

車掌さん

乗務中の車掌さん

挑戦するまで、東京から関西方面へ18きっぷのみで1日で移動は大変なんじゃ無いか と思っていたが、意外と簡単にその日に到着したのは拍子抜けした。
朝がとても早いのがチョットキツイ所ではあるが、時期が夏であれば日の出の時間帯 から移動開始が可能だ。
拍子抜けした理由のひとつに、いつもなら浜松、豊橋、名古屋、大垣…と、区切りながら西へ向かうのが当たり前の行程が、今回は豊橋-米原直通の列車に乗れたのがかなり楽に感じた。
移動行程ダイヤに組み込めそうなら積極的に使ったほうが良い。ただし、あまり本数 が無いようだ…。

翌日は初日より起床時間を遅くし、見たいと思った物や場所へ無理なく行けたのも良 かった。
チョット不便な旅は体力と体調が大切!行程を無理は絶対にしない事。

18きっぷだけで東京-大津へ行くために気をつけた対策やポイント

  • 18きっぷだけで東京から関西方面へ1日で行くことは可能だが、自身の体力と体調を考慮して楽しもう
  • 大津には特例の路面電車が走っている。一度見る価値はある!
  • 嵐電を複数回利用するならフリーパスの切符を利用しよう
  • 嵐電のフリーパスは予約が出来る

18きっぷ旅の他の記事も参考にしてみよう

オススメの書溜め


TOP