江ノ電乗り放題!のりおりくんで鉄道ファン的おすすめ日帰り旅 | 快走とりっぷ

江ノ電乗り放題!のりおりくんで鉄道ファン的おすすめ日帰り旅

江ノ島駅前

もくじ

四季折々の美しさを楽しませてくれる江ノ電は指折りの観光スポット!週末は江ノ電に入場制限が出ることも…
そんな、どメジャーな江ノ電は撮り鉄初心者はどこで撮影しても絵になる素晴らしい景観、乗り鉄なら路面区間と海の見える車窓…街を歩けばお寺に、ランチ…と挙げればキリがない…
そんな楽しみがあふれる江ノ電沿線を、鉄道ファン目線でお得に江ノ電を楽しく可能な限り詰め込みまくった日帰り旅からおすすめスポットを紹介!

スポンサーリンク

江ノ電なら乗り・撮り・グルメ・観光全部楽しめる

新宿-江ノ島の日帰り旅の行路

小田急を利用し、片瀬江ノ島で江ノ電に乗換

「乗り・撮り…そしてグルメも楽しみたいんですけど?」

欲張りな願いを叶えてくれるのが江ノ電、事正式社名「江ノ島電鉄」
アニメや漫画、ドラマのロケに出てきたこの沿線は今や聖地。そして、鎌倉時代に建立したお寺や神社に大仏は、修学旅行の王道コースとして君臨!もちろん管理人も修学旅行で鎌倉デビュー。
東京、千葉方面からも気軽に出かけられる場所は日帰り女子旅等で訪れる人も多く、女性客を意識したオシャレなカフェやお店も多数存在し、メディアに取り上げられる観光スポットのひとつ。
みんなが知っている観光地の顔を持つ、江ノ電、江ノ島線沿線のもう一つの顔は

撮り鉄初心者歓迎の撮影しやすい撮影地の多さ
乗り鉄大興奮の車両と沿線そして安いフリーパス切符
ついでにグルメも楽しめる利便性
と、鉄道ファンに厚い信頼を得ている。
関東近郊在住の鉄道ファンにとって神のような存在の江ノ電。今回は、管理人個人的にオススメしている江ノ電沿線の、おすすめスポットと、いつもの悪い癖。鉄道員さんのカッコイイ仕草を散らしながら紹介していく。

鉄道ファン的江ノ電日帰り旅の作法

藤沢駅 江ノ電のりばがある建物

江ノ電は藤沢-鎌倉間を運行している

江ノ電は観光のイメージが強いが、撮り鉄初心者、乗り鉄が楽しめる要素が詰まった列車と沿線が魅力だ。
せっかくの湘南を鉄分豊富に偏りすぎては勿体ない。
欲張りな管理人は鉄分補給にプラスしてグルメ堪能と、ほんのり観光旅行をかけ合わせた、非鉄もげんなりしない鉄分補給日帰り旅を計画した。
この日帰り旅なら、鉄道ファン以外の方もきっと楽しめる事だろう。もしかしたら、目覚める可能性も否めない。
鉄道に目覚めたなら、もっと楽しい…かもしれない。

おトクに株主優待券を利用して移動する

JR で東京-鎌倉へ移動も可能ではあるが、新宿から小田急電鉄を利用して移動もオススメ。小田急では株主優待券を利用して安く鉄道利用が出来る。お得に移動をしたい管理人は、株主優待券を使用し、新宿から片瀬江ノ島へ移動する事にした。
小田急の株主優待券は、営業路線片道ならどこまでも乗車可能だ。これは、金券ショップで簡単に入手することが出来る。これを往復分入手した。

小田急電鉄 株主優待券近影

株主優待券は金券ショップで簡単に手に入る

購入する前に運賃と優待券の金額の確認を忘れずに!
新宿から小田原までの乗車は優待券が安い場合が多いが、藤沢、片瀬江ノ島までは優待券を利用すると高くなってしまう場合があるので、購入の際は注意!

小田急で片瀬江ノ島駅まで快適移動

小田急を選んだのには、もう一つ理由がある。

「小田急の鉄道員さんを見たい」

列車に乗らなければ、福眼にありつけない…東海道カラーの走ルンですでは、旅感が寂しいじゃないか。 鉄道ファン的に、ここは小田急移動がおすすめルート。
江ノ島方面へ移動中は小田急名物声、大きい指差呼称を見ながら、快適かつ楽しい移動を満喫させて頂いた。乗務員室のドアから聞こえる声が結構デカいので、小田急未経験の方は是非運転台側に座って乗車体験してほしい。

小田急の運転士さんの様子

指差呼称の声が大きくて有名。乗務員室の近くに座るとハッキリと声が聞こえる

新宿から乗車し、途中藤沢で片瀬江ノ島行に乗換。
爽やかな青いシャツとキビキビとした所作がカッコイイ運転士さんを見ながらの移動は、あっという間に終点、片瀬江ノ島駅に到着。
片瀬江ノ島駅は竜宮城をイメージした駅舎で、正直時代を感じずにはいられない…伊東のハ○ヤホテル的な物と同じ匂い…。

片瀬江ノ島駅舎の様子

竜宮城をイメージした駅舎は駅員はいるが、玉手箱の類は置いてない

片瀬江ノ島からは徒歩で約5分程度の場所にある江ノ島駅へ向かい、江ノ電を利用し沿線の鉄道ファン活動、グルメ、観光とつめあわせの日帰り旅を楽しむ。
改札を抜ければ、道案内の看板や観光案内所があるので、案内どおりに歩けば江ノ電 江ノ島駅に行ける。
道案内のとおり歩くと、道沿いにカフェ等のお店が並んでいる。駅までの移動は、徒歩で海風を感じながら江ノ島駅まで向かおう。

江ノ電フリーパス のりおりくんを利用しよう

江ノ電を複数回乗るなら、乗り放題パス「のりおりくん」の購入一択!江ノ電の乗り、撮り、録りをするなら、絶対に購入しよう。
切符は650円/大人(330円/小人)で販売している。良心価格がありがたい。
沿線のお寺めぐりや、観光の利用の際も、のりおりくんを使わない手は無い。お得に湘南を楽しもう!

切符も旅の思い出にしよう

1日乗車券 のりおりくん 近影

窓口で購入すると券面にイラストが入る

フリーきっぷ、のりおりくんは江ノ電前駅で販売をしているが、思い出に残したいなら、券面にイラストが入る窓口購入がオススメ。
管理人は江ノ島駅で窓口購入した際、券面にイラストが入った切符を購入できた。

磁気券タイプの切符も存在する
磁気券タイプのりおりくんも購入することが出来る。このタイプは、委託販売施設に指定されているホテルで購入可能だ。
宿泊利用の有無は関係なく購入可能だ。こちらも旅の思い出に残せる切符になること間違いないだろう。
管理人は駅窓口購入しか確認が出来ていないので、次回江ノ電利用の際は是非こちらの磁気券タイプを利用しようと思う。

のりおりくんは江ノ電以外でもお得に利用できる

江ノ電乗り放題以外にも、この切符を提示するとお得な特典を受けられる施設やショップが多数ある。
特典内容は料金5%割引や、宿泊料金割引、入場料、拝観料割引等、施設によって様々な特典を用意している。
特典を受けることが出来る施設やショップには「のりおりくん特典施設」を掲示している。行きたい場所が特典施設なら、しっかり活用したい。

のりおりくん特典施設やフリーパスについての詳細について
江ノ島電鉄公式サイト

鎌倉-江ノ島間で、乗り・撮り・グルメ・観光を楽しめ!

鎌倉高校前駅周辺を走行する江ノ電車両

江ノ電沿線で乗り・撮り・観光・グルメを一気に楽しむなら、鎌倉-江ノ島間で沿線めぐりを計画するのがベター。この区間には、観光、グルメ、撮影スポットがギュッと集まっているため、鉄分補給活動、観光やグルメも一緒に楽しむ事が出来る。
そこで管理人の一気に楽しむ日帰り旅も、この区間内で乗り・撮りの鉄道ファン的活動と、グルメ・観光の遊びをバランス良く欲張りに巡った。実際巡ったルートを元におすすめできるグルメ、撮影地、観光に関しては神社仏閣巡りをメインに紹介する。

鎌倉にある釜飯を味わえる「かまかま 本店」

かまかま本店の五目釜飯近影

炊きたての釜飯にはたっぷりの具がお釜につまっている

炊きたてをそのまま食べる
薬味をのせて食べる
だし茶漬けで食べる

と、3度楽しめる釜飯を食べることが出来るのが、鎌倉駅から徒歩圏内の「鎌倉釜飯かまかま 本店」
3杯って量が多いんじゃないかと心配になるかと思うが、実際食べた感じはお茶碗2杯程度の量。女性でも完食可能な量は男性にはやや物足りなく感じるかもしれない。

注文してから炊く為、少し時間がかかるが、お釜で炊く炊きたてご飯は待つ甲斐アリ!
底についたおこげにテンションが上がる!日本人ならきっと理解出来るだろう…。

味も女性好みの優しい味付けで、店内は女性が多い印象だった。
平日にお邪魔したにも関わらず、ご飯時の事もあり釜飯を求めるお客さんで混雑していた。

鎌倉釜飯かまかま 本店
鎌倉駅から徒歩圏の、女性に人気の釜飯店。炊きたての釜飯を味わえる
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-11-8
【営業時間】平日 11:00-17:00/土日祝 11:00-21:00
【定休日】水曜
公式サイト

鎌倉に来たら絶対寄るべき甘味処!「納言志るこ店」

納言志るこ店の抹茶あんみつとお茶近影

鎌倉に来たら是非立ち寄りたいオススメの甘味処

こちらの甘味処の小豆は甘すぎないのにしっかりした味のあんこと、たっぷりの寒天に爽やかさをプラスしてくれるフルーツがいい仕事をしている、あんみつが人気。
年齢層の幅が広く、家族連れやカップル、友達同士と様々。鎌倉散策のシメにぴったりの静かでホッとする店内は一度訪れれば再訪したくなるだろう。
管理人も鎌倉へ足を運ぶ度、シメに入る程お気に入りの甘味処だ。
毎回訪れる度迷ってしまうラインナップから、今回は前々から気になっていた抹茶あんみつを注文。抹茶と寒天に小豆の程よい甘さが絶妙過ぎて、夢中で食べてしまった。

納言志るこ店
小町通りから少しはずれた路地にある歴史のある甘味処
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-10
【営業時間】11:00-17:30
【定休日】水曜

有名撮影地も多い江ノ電は、撮り鉄に嬉しいどこでも撮っても絵になる場所が沢山!

極楽寺駅舎近影

極楽寺駅近周辺も江ノ電の撮影地人気のスポット

江ノ電には有名撮影スポットが何箇所か存在し、その中には聖地になっている場所もある。それが、鎌倉高校前駅周辺だ。某漫画の舞台である為、そこにある踏切で撮影している人を何度も見かける、未だ人気の聖地。
そこは撮り鉄のみならず、漫画のファンや景観の美しさで訪れる人も多い。観光雑誌にもよく画像が掲載されている為、誰でも見たことがあるはず。管理人はウエディングドレスを着ている花嫁がこの踏切で新郎と一緒に撮影している様子を目にしたことがある。

次が、江ノ電もなかで有名な扇屋さん周辺の路面区間。コチラも風情があり、撮影スポットとして有名だ。
扇屋さんをバックに車両を撮る方が多いが、日祝に行くと渋滞で自動車が入り込んで来る為結構難しい構図だ。管理人も一度挑戦したい構図だったりする。

そして、今回向かった極楽寺駅も超が付く有名撮影スポットだ。極楽寺駅の近くにある極楽寺トンネルで満開に咲く紫陽花と一緒に撮影される江ノ電車両の写真は一度見たことがあるはずだ。

今回はずっと撮影をしたいと思っていた紫陽花と江ノ電車両を極楽寺トンネル周辺ですることに。撮影目的でなくても、極楽寺トンネルの紫陽花と走行する江ノ電車両は季節を感じるおすすめの観光スポットだ。
また、極楽寺駅舎は駅100選に選ばれた駅で、小さく、懐かしい雰囲気の駅は旅気分を盛り上げる。
目的の撮影スポットは極楽寺駅側から反対側へ、徒歩で約5分程度で到着する。途中坂道があるが、紫陽花の中を走る列車を撮る為には頑張って越えよう。

極楽寺トンネル

極楽寺駅から鎌倉方面へしばらく歩けば紫陽花の時期に人気の有名撮影地へ

極楽寺トンネルで撮影を楽しむ人達

紫陽花と江ノ電が綺麗に入るスポットは人気

極楽寺トンネルは鉄道写真初心者でも雰囲気のいい写真を撮れるオススメの場所だ。列車の通過を見るだけでも楽しめるスポットでもあるこの場所は、沿線散策ルートで訪れる方も多い。だだし、列車が走る場所なので見物、撮影の際は節度を守って運行の妨げにならないよう配慮をお願いしたい。

江ノ電沿線で人気のお寺

極楽寺駅周辺は撮影スポットで有名な駅ではあるが、お寺巡りでも充分楽しめる駅でもある。徒歩3分程度の場所にある極楽寺では、美しい御朱印を頂ける。 旅の無事を祈り、御朱印を頂こう。
極楽寺での撮影を程々に切上げ、次は鎌倉周辺のお寺巡りにシフト。今回は極楽寺の近くにある成就院、江ノ電で長谷へ移動し長谷寺と鎌倉大仏のある高徳院へ行き、参拝と御朱印を頂いた。

鎌倉には沢山のお寺があり、管理人も毎回どこに行こうか迷ってしまう。紫陽花の時期にお寺巡りをするなら、成就院、明月院、長谷寺へ参拝がオススメだ。
とりあえず参拝したいというなら、鶴岡八幡宮が間違いないだろう。

霊鷲山極楽寺
シンプルな佇まいのなかに、美しさのあるお寺。御朱印がとても芸術的
〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7
【拝観時間】9:00-16:30
鎌倉市観光サイト/かまくら観光
長谷寺
修学旅行定番のお寺。観音像が有名
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
【拝観時間】3~9月8:00-17:00/10月~2月8:00-16:30
公式サイト
鎌倉大仏殿高徳院
鎌倉の大仏が鎮座するお寺。修学旅行で定番のコースのひとつ。大仏の中の拝観は20円。
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
【拝観時間】4月~9月8:00-17:30/10月~3月8:00-17:00
公式サイト
成就院
江ノ電 極楽寺駅から徒歩圏の寺。紫陽花の時期は多くの人が参拝に訪れる。
〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5
【拝観時間】4月~10月8:00-17:00/11月~3月8:00-16:30
公式サイト
明月院
あじさい寺と呼ばれるお寺。ガイドブックや観光サイト等で紫陽花の咲く山門の写真が掲載されている。
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189
【拝観時間】9:00-16:00/6月8:30-17:00
鶴岡八幡宮
小町通りの先にある、修学旅行では超定番の神社。大きな敷地は一度散策してみるのをオススメする
〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
【拝観時間】8:00-20:30
公式サイト

片瀬江ノ島駅へ戻り新宿へ

先程紹介したスポットを巡るとあっという間に帰る時間に。帰りは株主優待券にプラス特急料金を払い、えのしま号 ロマンスカーEXEで快適に新宿へ戻った。

ホームに停車中の小田急ロマンスカー EXEと車掌さん

片瀬江ノ島から出ているえのしま号で快適に新宿へ戻る

ロマンスカー EXEのシート

座り心地も良く、快適な車内だった

小田急が誇る最高のおもてなし、特急ロマンスカーはEXEですら快適空間が広がっていた。シートピッチも広く、のびのびと座れる。普段ホームウェイで通勤利用している人達がうやらましくて仕方なかった。

スポンサーリンク

江ノ電沿線は欲張りな鉄道ファンも納得の日帰り旅が出来る

極楽寺トンネルを抜ける 江ノ電車両

江ノ電沿線は撮影地、観光のつめあわせ日帰り旅が計画しやすい

管理人が実際に伺った、おすすめグルメや撮影地スポットで気になる場所はあっただろうか?
乗り放題パス、のりおりくんを利用すれば運賃の心配をせず、江ノ電沿線巡りを楽しむことが出来た。
江ノ電沿線は、観光地を走る鉄道ということもあり、撮り鉄や乗り鉄活動をしながら、ランチや観光地巡りをプラスする、欲張りな日帰り旅も可能にしてくれる。
管理人も何回も江ノ電を利用して周辺の散策や撮影をしているが、また行きたくなる場所だ。
江ノ電は鉄道写真を始めたばかりの人でも比較的簡単にいい写真を撮る事ができ、楽しいのはもちろん、自信につながる筈だ。今回紹介した場所以外にも沢山良い撮影地があるので、自分のお気に入りの場所を探すのも楽しい。
また、有名な撮影地は人が集まりやすく、鉄道の運行の妨げになってしまう事もある。そうならないよう、節度ある行動を心がけ、安全に楽しく撮影してもらいたい。

鉄道ファン的江ノ電日帰り旅を楽しみ方まとめ

  • 江ノ電には乗り放題パス「のりおりくん」を販売している
  • 「のりおりくん」を掲示すると割引を受けられる施設がある
  • 江ノ電は鉄道写真初心者の練習にピッタリ
  • 鉄分補給と観光を組み合わせた日帰り旅も簡単に計画出来る

オススメの書溜め


TOP