N700S 運行開始!! 記念弁当は崎陽軒謹製の超特別仕様だった!! | 快走とりっぷ

N700S 運行開始!! 記念弁当は崎陽軒謹製の超特別仕様だった!!

N700S デビュー記念弁当 開封と未開封の並び

もくじ

2020年7月1日から運行開始したN700S(Supreme)の運行を記念して、長らく旅のお供として親しまれているシウマイ弁当でおなじみの崎陽軒から”N700S デビュー記念弁当”が1300円で発売された。
このお弁当、気軽に買えると思っていたら、なんと完全予約制の限定1000個!
お弁当の情報を知った時点で第1回目の販売は終了…第2回の発売に希望を託し、10時打ちのキャリアを生かした予約争奪戦に突入だ!!!!!

スポンサーリンク

N700S デビュー記念弁当がどうしてもほしい!!!!

N700S デビュー記念弁当 掛け紙付きの状態

N700S運行デビューを記念した弁当の情報を知ったのは、SNSの画像。
その画像を見ればシウマイ弁当を買ったことがある人はピンと来る、しょうゆ入れのひょうちゃん。そのボディには記念らしい演出”N700S デビュー”の特別なイラストが…回ってきた写真のレアなひょうちゃんに釘付け!

”めっちゃ欲しい!入場券で東海道新幹線ホームに行って買ってこよう”

と、思っていた大勘違いの管理人は、知人から限定販売かつ予約制という情報を教えてもらい、慌てる。教えてもらわなかったら、絶望のどん底に叩き落とされるところだった。
プレスリリースはちゃんと読もう…(いつの間に発売告知してたんだ?)

N700S デビュー記念弁当ゲット争奪戦の電話予約に粘りの1時間

第2回目の予約受付が7月25日の10:00開始…まるで10時打ちを彷彿させるじゃないか!!急行はまなす、特急サンライズ瀬戸・出雲で鍛えられた管理人からしたら慣れたものである。しかも、窓口に並ばなくて良いなんてハードルがいつもより低い!
こうなったら、絶対に記念弁当を我が手に!管理人は家電とケータイの2台体制でお弁当ゲットを狙う作戦を立てた。

そして当日の7月25日。車掌もビックリ、時報ダイヤルの10:00と共に、崎陽軒の予約専用ダイヤルに電話。

繋がらない。

家電とケータイの2台を使ってとにかくリダイヤル…繰り返すこと15分経過…全く繋がる様子がない。 駅窓口で3時間前から並んで臨む10時打ちよりはハードルは確かに低いが、話し中のエンドレスに不安が徐々に大きくなる。
このままでは絶望とのご対面である。避けなければ…ひょうちゃんに会いたい気持ちは誰よりも強い!崎陽軒にこの気持ち伝われ!!! 念を込めてリダイヤルボタンを押す→通話中→切る、を繰り返す。

さらにリダイヤルを続けるが、最悪の事態が脳にチラつき始める。10:00から開始して45分経過するが、相変わらず話し中を知らせるあの無機質な音ばかり。
あの音で追い返されるガッカリ感と戦うが、同じ動作の繰り返しに嫌な想像が脳内再生され始める。
”諦めたらそこで試合終了だよ”と、年代がバレる名言で自分で自分の背中を押しリダイヤル続ける事、60分。

ついに繋がった!!!!!

崎陽軒のスタッフの声が電話口から聞こえる…やった!!限定1000個に手が届いた!嬉しすぎる!N700S仕様のひょうちゃんを家に迎えられる!!!!
この嬉しさ…例えるなら、10時打ちで緑の窓口で駅員さんに「(希望の席が)取れました」と、切符を見せられ会計に進むあの時に近い。

心はピョンピョン、声は平静(のつもり)で名前・連絡先・受け取り希望店舗・希望時間・希望個数を伝え予約完了!電話を切ったあと、部屋で喜びのあまり小躍りと満面の笑み+変なテンション!ちょっと奇声あげたかもしれない。

なにせ、例えるなら10時打ちで希望の切符を買えた時と同レベル。受け取り当日が楽しみだ。

N700S デビュー記念弁当の受取日がついに来た!

JR 新宿駅 南口の駅看板

1時間の粘りで予約確定に持ち込んだ、N700S デビュー記念弁当の受取日が来る日を楽しみに待っていた。予約した日から10日間、まだかまだかと崎陽軒のお弁当販売告知プレスリリースを読んでは待ち遠しく思っていた。

N700S デビュー記念弁当を受取りに百貨店へ

京王百貨店外観

楽しみにしていた受け取り当日、百貨店へ。今回指定したのは京王百貨店、その他にも東武百貨店、西武百貨店、東横のれん街等が指定可能だった。
京王百貨店にしたのは、京王電鉄の制服を見てから百貨店に入れるという理由から。さらに、小田急電鉄の爽やかな制服も見れて、まさに福眼!!!良い!おまけに今年の5月から新制服になった鉄道会社も一気に見れるので凄い効率的に目的を達成できる!

京王電鉄改札の様子

JR 新宿駅南口を抜けて、小田急改札をチラ見、そして京王電鉄改札もチラ見。鉄道員萌的ゴールデンルート!!

鉄道員萌的な下心も満たしながらお楽しみのお弁当を受取りに行けるのはココしか無い!迷わず京王百貨店を受け取り指定した。

N700S デビュー記念弁当についにご対面!

N700S デビュー記念弁当 売り場案内チラシ近影

崎陽軒の売り場へ行くと受け渡しの案内がカウンターに置かれていた

SNSの写真でその存在を知った、崎陽軒の超特別仕様弁当”N700S デビュー記念弁当”にご対面!管理人の勘違いで危うく入手できなくなりそうになるも、ついにこの日が来た!
受け取り時間より若干早めに到着しソワソワしながら店員さんに受取りの旨を伝え、来店順に会計を済ませ渡される。ちなみに、管理人、2番めに来店していた。受け取るや袋の中を見てニヤニヤ…心の中は万歳三唱。列車内に置いていくなんて絶対あってはならない!!細心の注意をはらい、家に持ち帰る。

スポンサーリンク

N700S デビュー記念弁当を開封

N700S デビュー記念弁当 掛け紙 近影

富嶽三十六景風の掛け紙。海面を走る新幹線という力技とJR東海が大好きな富士山バック

いよいよ、待ちに待った開封の瞬間!崎陽軒とJR東海がコラボした超特別なお弁当の中身を早く見たい!!早く特別仕様のひょうちゃんに会いたい!!
あまりの嬉しさに今回は開封の瞬間を動画に収めてしまった…そして、この瞬間を多くの方に楽しんで貰いたいと思い、N700S デビュー記念弁当開封の瞬間をInstagramにて公開している。購入出来なかった方も、せめて気分だけでも楽しんで貰えればと思う。興味がある方は是非インスタへ!

>>ゆる~く運行中!快走とりっぷ インスタはコチラ

記念らしい工夫にテンション上がる

掛け紙は、富嶽三十六景を模したようなイラストで、JR東海お得意の富士山バックの新幹線(富士山依存が半端ない)勿論、描かれてる新幹線はN700S!デビュー記念弁当の特典(?)管理人を熱狂させてしまったデビュー記念ひょうちゃんは、右側にしっかりアピール。

蓋をあけると、白米の上にN700Sのロゴが入った海苔、崎陽軒といえばシウマイ弁当しか知らない管理人には贅沢すぎるおかずの多さ!
シウマイは勿論、酢豚、エビチリ、いかのマヨソース、チンジャオロース、蒸し鶏と枝豆の中華和え…忘れちゃいけない筍煮、箸休めのザーサイのラインナップ…まるで、新幹線グリーン車で東京から-名古屋まで行く位贅沢な仕様。

N700S デビュー記念弁当全体

沢山のおかずが詰まったお弁当

N700S デビュー記念弁当近影

N700Sのロゴが入った海苔

酢豚の隣には醤油入れのひょうちゃんが待ってましたと座ってる!会いたかったよひょうちゃん!!!両手でN700S持ってる!可愛い!!

N700S デビュー記念弁当 特別仕様のひょうちゃん近影

特別仕様のひょうちゃん。N700Sを抱えてウインクが可愛い

お弁当の味は、中華料理のおかずが並ぶので冷たい状態はどうだろうと思ったが、シウマイは冷めても美味しく頂け、蒸し鶏と枝豆の中華和えはさっぱりしていて好みの味だった。
若干チンジャオロースが脂っこいのが気になったが、冷めた状態で中華料理を美味しく食べれる工夫がされたお弁当だった。エビチリも冷たい状態なのに違和感を感じなかった。
そう思うと、1000円しないシウマイ弁当のクオリティって改めて凄い。駅弁は基本冷たい状態で食べるから、冷めても美味しく食べれるのは重要だと思う。

N700S デビュー記念弁当は、特別が乗車率120%なお弁当だった

崎陽軒がJR東海とコラボした、N700S デビュー記念弁当のひょうちゃんが欲しくて居ても立っても居られなくなった管理人が、1時間の粘りで見事ゲットした喜びは本当に大きかった。

お弁当の中身はデビューを祝う特別仕様のラインナップにビックリ!冷めても美味しく食べれる崎陽軒のクオリティも概ね不満なく頂けた。
1番のお目当て、醤油入れのひょうちゃんはとても可愛く、頑張って予約した甲斐があった。それに加え、久しぶりの楽しい出来事だった事もあり、そういう意味でも特別が詰まったお弁当になった。
喜びに狂って気づかなかったが特別なひょうちゃんが2タイプあり、ふたつ並んでる写真をSNSで見つけてしまった。軽くショックを覚えた事を付け加えておく…プレスリリースは、ちゃんと読もう(正直面倒くさい)

オススメの書溜め


TOP