箱根日帰りならかっぱ天国で入浴とお得に箱根登山鉄道を楽しもう | 快走とりっぷ

箱根日帰りならかっぱ天国で入浴とお得に箱根登山鉄道を楽しもう

強羅へ出発する様子

秋も深まると足を向けたくなる観光地といえば、箱根。都心から近く気軽に秋の景色を楽しめる観光地、温泉地である箱根へ東京近郊に住んでいる方なら一度は行ったことがあるだろう。 中には修学旅行の行き先が箱根だった方もいるのでは無いだろうか?
今回の記事は紅葉シーズンに乗り鉄目線でお得に楽しく、箱根を満喫する方法を管理人の実際の体験に基づいて紹介しようと思う。

もくじ

スポンサーリンク

鉄道移動はお得に、乗り鉄活動は思いっきり満喫しよう

箱根湯本に停車するアレグラ号近影

箱根湯本駅に停車する箱根登山鉄道の列車

日帰り旅に限らず、旅で一番出費が多いのが移動費ではないだろうか?今回の日帰り箱根旅は、移動費を節約しつつ箱根を乗り鉄的にサクッと満喫する旅をしてきた。 数ある方法の中から手軽に出来た節約方法とモデルコースを紹介しようと思う。

小田急ロマンスカーをお得に利用する方法

箱根湯本から新宿へ出発するロマンスカー

箱根方面の脚といえば、やはり小田急ロマンスカーでは無いだろうか?特急列車の中でも快適でゆったり、乗り鉄でなくてもそこそこ楽しめる列車だ。この小田急ロマンスカーにお得に乗る方法の一つが「株主優待券」を利用した乗車だ。
今回、管理人は急に箱根方面へ行きたくなったこともあり、この方法を利用してまずは小田原駅を目指す事にした。
株主優待券は小田急の株主がもらえる物なのだが、金券ショップで入手することが可能だ。価格は安い場合は550円程度で手に入り、片道利用で小田急全線利用可能だ。
この株主優待券にロマンスカーの特急券を購入することでお得にロマンスカーを楽しむことが出来る。
急にフラッと乗りたくなった場合は有効な手段なのでおすすめだが、株主優待券は価格が一定では無いので、購入する前にチェックを忘れずに。
株主優待券を往復分購入し、特急券往復分を「e-ロマンスカー」で予約。当日は駅窓口で特急券を受け取り、乗車する。(クレジットカードで決済済みの場合は特急券の引き換え不要)ロマンスカーの予約や乗車については公式HPへ。

>>小田急公式HP

>>e-ロマンスカー

当日はロマンスカーEXE 30000型に乗り、小田原へ。株主優待券を利用した乗車なので終点の箱根湯本まで行けるのだが、どうしても食べたい物があり小田原駅へ途中下車。
一度も乗ったことが無いEXEαに乗車出来なかったのは残念だが、中は快適!
車内販売もあったりして、そこで見事に散財してしまう…到着する前に鉄道グッズ散財して良いカモである。

ロマンスカー車内販売で購入したロマンスカーVSE定規近影

小田原へ行く途中で車内販売で購入したロマンスカー定規

ロマンスカーVSEの定規を購入。お菓子の詰め合わせもあったが、グッと我慢…。

小田原へ立ち寄り名物あんぱんを手に入れよう

守谷製パン外観画像

守谷製パンは小田原駅から約3分程度で到着する、好立地のパン屋さん

小田原駅へ立ち寄る余裕があれば、ぜひ途中下車をして小田原駅から徒歩約3分「守谷製パン」へ。この店のあんぱんは非常に有名で、早い時はお昼すぎには閉店になることもある人気店だ。 粒あんがぎっしり入ったあんぱんは是非入手して欲しい。
管理人はあんぱんの他に甘食もおすすめしたい。その他にも上イギリスパンなど販売している。管理人はかさばるのを覚悟の上、上イギリスパンをお土産にし、おやつ兼お昼ごはんにあんぱん2個を購入。 リュックを開ける度、パンのいい香りがする旅になった。

守谷製パン店
あんぱんが有名なパン屋さん。小田原駅から徒歩約3分の近さ!
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2丁目2−2
【営業時間】8:00-18:00
【定休日】日曜

トコトコきっぷを手に入れて箱根登山鉄道をお得に乗り鉄満喫

小田原-箱根湯本-強羅この区間は箱根登山鉄道の路線になる。ここもお得に鉄道を利用しない手は無い。それが、箱根登山鉄道が販売している「トコトコきっぷ」だ。 箱根登山鉄道路線の他、箱根登山ケーブルカーも乗り放題、強羅公園の入園が無料になる。
小田原駅では箱根登山鉄道駅窓口で購入可能だ。

トコトコきっぷ画像

日帰り旅なら是非トコトコきっぷの利用を検討して損はないだろう。ちなみに、芦ノ湖へは箱根登山鉄道ケーブルカーで強羅から早雲山へ向かい、更に箱根ロープウェイで早雲山から桃源台へ向かう必要がある。
箱根ロープウェイはフリー区間では無いので別途運賃が発生する。箱根ロープウェイ等乗り放題の「箱根フリーパス」があるが、今回は箱根登山鉄道を満喫する日帰り旅のため選択肢から外した。

>>箱根登山鉄道公式HP

>>箱根ナビ

箱根登山鉄道で撮り鉄活動

塔ノ沢駅に停車する箱根登山鉄道の列車

箱根登山鉄道の撮影なら、モハ1形、2形は撮影したい列車

小田原で無事名物あんぱんを入手し、トコトコきっぷを使い箱根湯本-強羅を乗りつぶし、強羅から宮ノ下へ戻り撮り鉄活動へシフト。宮ノ下は駅撮りならとても撮りやすい撮影地だ。管理人以外にも撮影を楽しむ方を目にした。
平日だったこともあり、この日はゆっくりと撮影を楽しむことが出来た。
宮ノ下駅は上り列車と下り列車が交換待をする駅で列車がしばらく停車するため、初心者でも安全に楽しく撮影が出来る。
撮影の際は、運行の妨げになる危険な撮影や職員の注意をちゃんと守って楽しく撮影して欲しい。運行の妨げになるマナーやルール違反が多い撮り鉄が目立てば、楽しく撮影出来た場所での撮影ができなくなってしまう可能性が出てくる。
自分の為に他の撮影者の為にも、最低限のマナーやルールは絶対に守るようお願いしたい。また、撮り鉄なりたての新参者には暗黙のルールを知らない者も多い。先輩撮り鉄の皆さんは困っている様子だった場合は教えて上げる優しさをお願いしたい。

強羅へ行く列車

モハ1形、2形は箱根登山鉄道の顔

箱根湯本へ向かう列車

宮ノ下駅ホームで撮影

現在走っているモハ1形、モハ2形は今のうちに沢山撮影したほうが良いとの事。まだまだ現役で走っているが、いつか引退する日が来ると思うと寂しい。箱根登山鉄道の顔だと思っているので可能な限り運行して欲しい。

箱根湯本へ戻ってかっぱ天国で源泉かけ流し温泉を楽しむ

かっぱ天国看板近影

箱根湯本駅から見えるかっぱ天国へ日帰り入浴

思う存分撮影を楽しんだら、箱根湯本へ戻り目の前にある「かっぱ天国」へ。足湯へ入る方が結構いるようだが、どうせならお風呂へ入ろう!
建物の見た目の古さに騙されてスルーは勿体ない!この温泉、入浴料が800円と近隣の温泉施設と比べてお得にお湯を楽しむことが出来る。日帰り入浴のほか宿泊も可能。お風呂も露天風呂ならぬ「野天風呂」と、聞いたこと無いワードが…
ずっと気になっていただけに野天風呂を体験してきた。
中に入るとさっぱりした脱衣所、その先に風通しがめちゃめちゃ良い浴室があった。タオルさえ持っていけばシャンプーやボディソープの心配ナシ!ドライヤーも完備していて、無料で利用できる。
野天風呂も非常に清潔かつ雰囲気があって気に入った。難点を上げるなら野天風呂は冬はちょっと厳しいかもしれない…寒がりさんは注意が必要な浴室だ。
お風呂の温度は、はじめはちょっと熱く感じるが慣れてくるとちょうど良く、泉質も申し分無い。硫黄臭がまったくない透明なきれいなお湯だ。

かっぱ天国野天風呂の様子

許可を得て撮影した浴室。
徐々に深くなるお風呂は脚が悪い人でも入りやすくなっている

かっぱ天国では貸切風呂もあり、入浴料800円に別途1000円で45分間利用可能。
管理人は貸切風呂より、断然野天風呂をおすすめする。

箱根湯本へまた来たら、かっぱ天国へお邪魔してお風呂で疲れを癒やしてから帰るのが定番になりそうなくらい良かった。

>>かっぱ天国公式HP

かっぱ天国
箱根湯本駅目の前にある源泉かけ流しの温泉。大人800円小人400円で入浴が出来るお得な入浴施設
〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本777
【営業時間】10:00-22:00
公式サイト
スポンサーリンク

箱根日帰り旅を節約しながら満喫できた

箱根登山鉄道小田原駅改札口

今回はロマンスカーを株主優待券を利用してお得に乗車し、さらに箱根登山鉄道もトコトコきっぷを利用し乗り鉄と撮り鉄活動を気が済むまで楽しむ旅をした。今回の方法で移動費の節約がかなり出来た楽しい旅だった。
帰りのシメに、かっぱ天国で綺麗な泉質の源泉かけ流し温泉で疲れを癒やせて最高に良かった。また箱根へ行ったらかっぱ天国でひと風呂は定番になりそうな位気に入った。
箱根フリーパスを使った1泊旅の時はかっぱ天国に宿泊しても良いかもしれないと思った。

オススメの箱根日帰り、かっぱ天国で入浴とお得に箱根登山鉄道を楽しみ方

  • 乗車券を株主優待券でお得に!プラス特急券で小田急ロマンスカーで快適移動!
  • トコトコきっぷで箱根登山鉄道と箱根登山ケーブルカーが乗り放題に!
  • 小田原でおいしいあんぱんを入手しよう!
  • 宮ノ下駅で撮り鉄活動満喫
  • 箱根湯本に戻ってかっぱ天国でのんびり源泉かけ流しの野天風呂を満喫

オススメの書溜め


TOP